アイピルでピンチに備える

アイピルとは、緊急避妊薬のひとつです。避妊に失敗してしまった時、助けてくれるのはアイピルです。相手との事を真剣に考えているなら、自分を守りたいなら、中絶など望まない妊娠の問題が起きる前に、アイピルでしっかり予防しましょう!

アイピルと女性

アイピルを持っておけばいざという時でも安心できる

万が一の為にアイピルを持つことを決めた女性 性行為を行えば、妊娠してしまう可能性があります。それは排卵日を過ぎた安全日だと言われる日でも、コンドームをつけて避妊はしっかりと行っているという場合でも、ホルモンバランスが崩れてしまったりコンドームが破れてしまったなどの理由で妊娠してしまう可能性はゼロだとは言えません。実際にコンドームを使って避妊をしていても外れたり破れたりして約2割の人は妊娠してしまうと言われています。望まない妊娠を防ぐためには万が一の事態に備えてアイピルを持っておくと良いでしょう。 アイピルは避妊に失敗したり、コンドームを付けずに性行為を行ってしまった時に望まない妊娠をしてしまわないようにすることができるものです。服用することで一時的に排卵前なら排卵のタイミングを遅らせたり、子宮内膜を剥がして受精卵が着床できないようにしたり、子宮内の粘膜の粘度を上げることで精子が子宮内で動きにくくなるようにするという効果で妊娠を防ぐことができます。アイピルは避妊に失敗してから72時間以内に飲むことで効果を発揮するのですが、72時間以内に飲んでも場合によっては妊娠してしまう可能性があります。妊娠してから飲んでも効果は期待できないので、なるべく早めに飲まなければいけません。しかし日本でアイピルを購入することができるのは病院だけのため、夜間や休日が重なると飲むタイミングが遅くなってしまう可能性があります。そんな心配をしないように海外から個人輸入という形でアイピルを購入して普段から持ち歩いておけば、避妊に失敗してもすぐに飲むことができるので妊娠する確率が低下して安心することができます。自分の身を守るためにもアイピルを購入して持ち歩くようにしましょう。

アイピルにも副作用はあるの?

アイピルの副作用について考える女性 アイピルにも副作用はあるのかですが、これは飲む女性側には重要なことです。 緊急避妊薬と申しますのは、モーニングアフターピルとも言われますし、緊急避妊ピルとも呼ばれます。コンドームの破損のミスや、避妊なしでの性交渉で望まない妊娠を避けるため、緊急の服用になります。 緊急避妊薬であるアイピルは、国内のみではなく、世界も使われている緊急避妊薬です。医薬品の配合成分のメインはレボノルゲストレルであり、ホルモンバランスを意図的に乱して、受精後の着床を防ぐ効果を発揮します。 アイピルは効果が高いものですが、服用に関しての副作用もあります。アイピル服用の副作用としましては、頭痛や吐き気、倦怠感や下腹部の痛み、不正子宮出血や胸の違和感なども出てくることもあります。 服用をして吐き気を感じやすくなるので、空っぽの胃袋に薬を入れるのではなく、食後に服用をするのがいいでしょう。 副作用の不調はいつまでも続くものではなく、服用をしてから1日から2日ほどで、体調不良は収まることになります。ただ、もしも体調不良が長引くときには、処方を受けた病院でお医者さんに相談をすることです。 黄体ホルモン剤として働くレボノルゲストレルは、服用をして子宮内膜をはがすので、受精卵の着床を阻止します。効果的なのは性行後の、72時間以内の服用になります。ですが服用は、早いほどに結果を出しやすくなりますので、避妊の成功率は高くなります。 服用の注意事項もあり、もしもすでに妊娠している可能性があるときには、お薬の服用はできません。強い成分を含みますので、お腹の胎児に悪影響をもたらすことになります。そしてピルの医薬品は、中絶薬ではないですから、中絶薬のような作用もありません。なにかほかにも服用中の医薬品がある場合は、処方を受けるときにお医者さんに伝える必要があります。