アイピルとは、緊急避妊薬のひとつです。避妊に失敗してしまった時、助けてくれるのはアイピルです。相手との事を真剣に考えているなら、自分を守りたいなら、中絶など望まない妊娠の問題が起きる前に、アイピルでしっかり予防しましょう!

アイピルと女性

高脂血症の人はアイピルを安全に服用する為にも診察を

アイピルは、有効成分レボノルゲストレルが配合された緊急避妊薬(モーニングアフターピル)です。ノルレボのジェネリック医薬品で、先発薬と同等の効果を得られながら安価で入手できるのが特徴です。緊急避妊薬は、望まない性交で妊娠の可能性がある場合や、コンドームが破れる等の避妊失敗などが発生した場合に、計画外の妊娠を防ぐ効果があります。同じ経口避妊薬として低用量ピルが存在しますが、低用量ピルが毎日決められた用量の薬を服用し続けることで、身体を妊娠しないホルモンバランスを保つ効果があるのに対し、アイピルは性交の後に服用して避妊する薬です。ただし効果が期待できるのは、受精卵が子宮に着床してしまう性交後72時間以内と言われているので、避妊を失敗した場合はなるべく早く婦人科で診察を受けるようにしましょう。
アイピルの服用にはいくつかの注意点があり、妊婦および妊娠の可能性のある人、心臓の血管や肝機能に障害のある人は服用を控えなければいけません。高脂血症や高血圧の人は、自己判断で服用せずに服用前に病院で医師の診察を受けてから服用すると安全です。アイピルは緊急避妊薬として卵子の排出や、受精卵の着床を防ぐ効果がありますが、中絶薬ではありませんので、服用する前に妊娠していた場合、効果は発揮されません。アイピルの副作用としては、吐き気や頭痛、下腹部の痛みや胸部の違和感、倦怠感や不正子宮出血が見られる場合があります。服用後に吐き出してしまうと避妊効果を得られないため、吐き気を抑えるためにも服用は食後の後が望ましいです。副作用は通常、1日から2日程度で収まりますが、もしも長引くようでしたら医師や薬剤師に相談しましょう。